人気ブログランキング | 話題のタグを見る

耐震診断

こんにちは店長の林です。大変ご無沙汰でやっとブログ更新です・・・^^;

11月はイベントが目白押しですね!
本日も地元、上尾市でシティマラソンが行われました。
回数も重ねておりまして本年で第27回目、上尾運動公園陸上競技場を発着点として開催され、今回の大会も正月の箱根駅伝で勝利を目指す関東学生陸上競技連合の大学生選手と公務員ランナーの川内優輝選手が招待出場し、又、ゲストランナーとして1999年セビリア世界陸上競技選手権大会 銀メダリスト市橋有里さんをゲストランナーとして出場しました。



早速ですが、先日耐震診断していただきたいということでお仕事を請けさせていただきまして、その模様をご紹介させていただきます。
上尾市ではお施主様(お客様)が申請をしますと、耐震診断費用の2分の1、最大3万円を限度に補助してくれるんです。
(但し昭和56年5月31日以前に着工された戸建又は2分のⅠ以上を住宅とする兼用住宅等)



耐震診断とは既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、現行の構造基準(耐震基準)で耐震性の有無を確認することです。また、56年6月以降に建てられた住宅(新耐震基準で建てられた建物)でも劣化等が懸念される場合は耐震診断をされる事をお勧めします。


耐震診断_e0243413_16082032.jpg

耐震診断_e0243413_16075680.jpg


耐震診断_e0243413_16073027.jpg


耐震診断_e0243413_16064745.jpg





外部から内部まで目視出来るところは丁寧に見ていきます。所定の位置に金物が入っているか、筋交いが所定の位置に入っていて、木材の寸法が正しいか等々観察し、最後は診断結果と専用ソフトで計算をします。
こちらの建物は0.7以上(上部構造評点)はありましたが、大地震により倒壊する可能性があるという結果になりましたので、耐震改修工事のお見積もりを計算している最中です。(こちらも申請が通ると最大40万円補助金が上尾市から出ます。但し補助金枠が無くなれば出ませんので、上尾市にお問い合わせください)

地震の規模によっては新耐震基準で建てられた建物でも倒壊する可能性はあるかもしれません。
耐震工事は今以上に倒れにくく、倒壊しにくい建物にしなければ良いのです。万が一住めないような状態になったとしても、倒れなければ命が助かるわけですよね。ビックリさせてしまいましたが、何が起こるか分からない世の中、備えあれば憂いなしですので、この機会に御検討、お考えになっても良いかもしれませんね。
以上簡単な説明でしたが、お気軽にお問い合わせくださいませ。





by kyoya-interior | 2014-11-16 16:35 | リフォーム | Comments(0)
<< 畳、襖、障子の張替 トンガ、フィットの紹介 >>