<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

木製ブラインド

毎日暑い日が続きますね(汗)
先日キッチン勝手口のブラインドの交換をしました。
ご新築の時から大変お世話になっておりますお客様でして、アルミ横型ブラインドから木製のブラインドへ変更でした。
木製のブラインドの雰囲気の良さは、アルミとは違い温かみがありますし、お付けした方は口をそろえて、高かったけどこれにして良かったと行って頂けます(^^)

またこの熱い夏ですが、出来れば節電をしたい!と皆様思っておられますよね。
熱の伝わり方(熱伝導率)がアルミと木製を比べますと約ですが、1000~1500倍アルミの方が熱を伝えやすいんです!!!

ちなみにこちらの商品
ニチベイ クレール 小窓タイプ K113(サンドウオッシュ) スラット幅25mm

W68×H198cm
定価45800円のところお値引き後27480円(税、取付費別)

さらにさらに!!こちらのブログを見たとお伝えいただければ、お値引き後より10%OFF致します!!
7月31日までの大特価SALEです☆

e0243413_18113832.jpg


e0243413_1830416.jpg

[PR]
by kyoya-interior | 2012-07-27 18:31 | ブラインド | Comments(0)

畳 縁

こんにちは、パートのMです。
上尾のお祭りも終わり、夏真っ盛りの陽射しが照り付けています。
梅雨明けを知っていたかのように、蝉も鳴きはじめました。

さて、畳の縁の柄はたくさんありますが、伝統的な地紋柄のほかにも
花模様からキッズ柄(どうぶつやキャラクター)まで、ヒョウ柄もあります!

畳の縁はとても丈夫で、最近は縁を使ってバッグや小物を作る手芸本も出ていますね。
縁も立派な織物、奥が深い…

e0243413_14504713.jpg

[PR]
by kyoya-interior | 2012-07-18 14:51 | Comments(0)

William Morris

おはようございます。今日も暑くなりそうな予感がします・・・(汗)
以前ご新築の時にオーダーカーテンのお仕事をさせていただきましたお客様で和室の広縁のドレープの掛け替えです。

ウイリアム・モリスと聞くと和室に合わないと思われる方がほとんどでしょうが・・・
こちらの川島織物セルコンFF6699 ジャスミン(140cm巾  10500円/m)
上手く溶け込んでおり良い感じです。
e0243413_10585634.jpg



e0243413_1103242.jpg



また遮光カーテンがという事でこちらの生地は遮光ではございませんが、遮光の裏地を一体縫製することによって遮光カーテンへと変身します!
遮光カーテンからだと気に入った柄ないなどありましたら、遮光裏地を付けることにしてみてはいかがでしょうか!?FF6763
e0243413_1105171.jpg


此方の生地は川島織物がfiloシリーズ発売当初から継続されている生地で根強い人気柄になります。


豆知識
ウィリアム・モリスは、産業革命の時代にデザインの概念を初めて生み出し実践したことで、「近代デザインの父」といわれています。また、社会思想家・詩人などとしても知られ、その生涯の中で実に多彩な活動を行いました。

「すべての装飾の仕事には、芸術監督が必要である」として、室内装飾の総合的なデザインに力を注ぎました。その活動はやがて「アーツ&クラフツ」運動として広がり、後世に大きな影響を与えました。 モリスの仕事の中でも最も優れていたのは、豊かな英国の自然をモチーフにして創作されたパターンによる壁紙やテキスタイルのデザインでした。

川島織物セルコンは、モリスのブランドとビジネスを引き継いだサンダーソン社のライセンスのもと、そのデザインを織物として再現し「MORRIS DESIGN STUDIO」のブランド名で発売しております。 モリスの優れたデザインと、川島織物セルコンの持つ織の技術が融合したコレクションは、モリスの新たな魅力を生み出しています。
[PR]
by kyoya-interior | 2012-07-09 11:20 | カーテン | Comments(0)

組子細工の障子

こんにちは、パートのMです。
今日は梅雨の中休み?陽射しが強く、気温も高くなりました!暑い!

障子の貼替えのご依頼をいただきました。
組子細工の美しい模様の入った、幅広の障子です。
貼替えをさせていただき、お客様にご満足いただければ幸いです。
e0243413_15244840.jpg


「夏の熱い陽射しに」
遮熱レースカーテン・遮熱コートブラインド

お家の中に風の通り道を
玄関用ルーバー網戸(鍵つきで安心)の取付いたします。
[PR]
by kyoya-interior | 2012-07-02 15:32 | Comments(0)